初心者でも気軽にTシャツコーデ!メンズにおすすめのTシャツコーデとおすすめブランド10選!

暖かくなってきたら段々薄着になってきますよね。

しかし、薄着になると組み合わせるアイテムも少なくなりますし、Tシャツだけだとおしゃれにコーデするのも難しく思えてくると思います。

特に初心者の人は、TシャツをおしゃれにコーデしたくてもコーデのコツやおしゃれなTシャツブランドもわからないと思います。

そこで、今回は初心者でも気軽にTシャツコーデができるTシャツコーデのコツやおすすめTシャツブランドを紹介していきます。

 

メンズのTシャツコーデのポイント

メンズ Tシャツってただ着るだけでコーデできてしまうので、皆さんとても重宝していると思います。

しかし、Tシャツコーデは下手な選び方をするとダサくも見えてしまう可能性もあるので選び方は重要です。

ここではメンズTシャツを選ぶ時のポイントを紹介しますので、参考にしてみてください。

 

シンプルなTシャツだからこそ気をつける袖周り

Tシャツって一枚で着ることが多いアイテムです。

そんなTシャツは見た目がとても重要になってきて、Tシャツがダサく見えてしまう原因の一つに袖周りの太さが挙げられます。

 

細身の Tシャツで首元や着丈ちょうどよくシルエットが完璧でも、袖口が締まっていなくダルダルだと全体のバランスが崩れてしまいます。

なので、Tシャツを選ぶ時は袖周りが適したものを選ぶようにしましょう。

 

また、今持っているTシャツで袖周りが悪くはないけど少し気になるという人は、長袖でやるように袖まくりを1回してみてください

袖をまくるだけで袖の広がりを抑えることもでき、さらに腕をすっきりとたくましく見せることもできます。

こうすることで見た目がタイトになり、シャープな印象に仕上げることができます。

袖折り曲げの目安としては、太く折りすぎるのではなく、2~3cmぐらいを折り曲げるのがバランス的にもいいでしょう。

 

Tシャツのサイズ選びは思っているより重要

Tシャツ一枚をおしゃれに着こなす上で最も重要なポイントは、肩幅ピッタリのジャストサイズのTシャツを選ぶことです。

ピチピチした小さいサイズのTシャツだと見た目が苦しそうに見えてしまうし、大きくてブカブカだったりするとお洒落な着こなしは完成しません。

また、現在は大きなTシャツを選ぶビッグシルエットTシャツが流行っていますが、トレンドのビッグシルエットTシャツを選ぶ場合は、ボトムスにサルエルパンツなどのシルエットが違う服をうまく取り入れることで周囲との差をつけ、おしゃれな着こなしにするのはいいでしょう。

 

Tシャツの着こなしはタイトめに着たい人やゆったりと着たい人と人によって好みは様々になってきますが、それ相応に合っているサイズにするようにしましょう。

最近では実店舗で購入する人とネット通販で購入する人がいると思いますが、その時に注意することがあり、ネットで購入する場合試着ができません。

普段着ているサイズがMだからといってそのままMサイズにしてしまうと、イメージしていたサイズ感と違う事が多々あったりします。

 

これはTシャツに限らず他の服でも言えることですが、ブランドごとのサイズが存在しますので、購入の際にはサイズ表をしっかり見て購入するようにしましょう。

ということでTシャツは組み合わせアイテムが少ないからこそ、サイジングが重要なのです。

 

色合いを意識する

Tシャツは基本的に一枚でコーデが完了してしまう万能なアイテムですが、その分必然的に色合わせの重要性も高まってきます。

色合わせの基本としては淡い色と濃い色を組み合わせるのが一番間違いがないパターンになります。

例えば、Tシャツが淡い色ならパンツは濃い色をチョイスしたり、Tシャツが濃い色ならパンツは淡い色にするといった感じです。

 

初心者の人はインパクトがないと無地を苦手意識する人が多いですが、誰にでも似合う合わせやすい柄は無地だという事を覚えておきましょう。

Tシャツコーデでイメージするべき事は、シンプルにおしゃれに見えるというイメージをするようにしましょう。

 

そもそもTシャツ1枚でインパクトやこじゃれ感を出そうとするのが間違っているのです。

もし無地意外で柄を選ぶとするならボーダーがオススメです。

ボーダー柄は数年前から流行し始め今ではメンズファッションの定番の柄になっています。

ボーダーTシャツの基本は、ベーシックな柄のボーダーはインナーに使用し、変則柄のボーダーは1枚着で使用するといいでしょう。

 

また、コーデの主役でプリントTシャツや柄物Tシャツを選ぶ場合はカラフルなものを避るようにし、2色以内の配色にするか、見た目が一色に見えるような色合わせ方をすると失敗しにくくなるので意識しておきましょう。

Tシャツは様々なデザインやおしゃれなデザインがたくさんありますが、複雑な柄ものを選んだり、奇抜なデザインを選ぶと色合わせの難易度が一気に上がり、デザインによっては見た目が子供っぽくなってしまうこともあるので気をつけましょう。

 

首元のデザインを意識する

Tシャツの印象は色や柄で決まるといいましたが、その他にも首元のデザインでも印象が変わってきます。

首元のデザインはクルーネック、Vネック、ヘンリーネックなどのネック形状がありますが、自分に似合う選び方というのではなく、Tシャツによってどんな印象を与えたいかというとこに注目して選びましょう。

例えば、キレイめでフレッシュな印象を与えたい場合は大人っぽいアイテムに見えるVネックをチョイスしたり、カジュアル感を出してワイルドな印象にしたいなら首元にリブが付いたものを取り入れたりするのがいいでしょう。

また、首元があまりにキツキツなTシャツは、見た目も苦しそうに見えたり、印象的にも窮屈な印象になるので選び方には注意しましょう。

 

シルエットを意識する

Tシャツというのは基本はカジュアルよりなアイテムになります。

なので、シルエットが大きな物を選ぶとをカジュアル感がとても強くなります。

また、タイトめのTシャツを選ぶことでスタイリッシュに見せることもでき、Tシャツというアイテムはシルエット一つでどちらにも見せることができるのです。

 

最近流行りのワンサイズ大きめのTシャツを選ぶビッサイズのTシャツコーデは大きめのTシャツに細身のパンツを合わせてシルエットをYラインにするイメージで作るのがコツです。

しかし、Tシャツコーデ初心者の人はどれくらい大きいシャツを選べばいいかわからない人や、Yラインシルエットのイメージが湧かないと思うので、取り入れるには勉強が必要になってきます。

Yラインは中途半端に大きいサイズを選択するとカジュアル感が強く野暮ったくなるので、Tシャツコーデ初心者の人はまず、Iラインをイメージして細身のシルエットにするようにするのがおすすめです。

 

着丈の長さに注意する

Tシャツの着丈の長さを気にしている人って少ないのではないでしょうか。

少しは気にしている人いると思いますが、着丈の長さは見た目の印象が変わるポイントでもあるので意識するようにしましょう。

細いシルエットのTシャツを選んでも着丈が長すぎることで見た目が野暮ったくなりますし、逆に着丈が短過ぎると腰の位置が上がりすぎて脚がどこから始まっているのかが分かってしまいますので見た目が悪くなります。

なのでTシャツの着丈で気をつけることは、腰の位置を隠すイメージのちょうどお尻にかかるくらいがおすすめです。

 

参考になるメンズTシャツコーデ5選

 

白Tシャツをレイヤードした流行りのビックサイズTシャツコーデ

げんじ|Steven AlanのTシャツ/カットソーを使ったコーディネート - WEAR

ビックサイズTシャツとスキニーパンツを組み合わせた今流行のコーデ。

Tシャツがビックサイズなので、ボトムスには細身のスキニーパンツを合わせることで見た目がすっきりとしたおしゃれな雰囲気になっています。

さらに、全体が黒っぽい色使いになっているので、白のTシャツをレイヤードすることで色使いにアクセントを与えることができています。

 

王道の白Tシャツコーデ

白ティーシャツにサマーニットキャップをあわせたデニムコーデメンズ

王道の白のTシャツを使ったコーデ。

爽やかな印象には欠かせないカラーの白Tシャツにデニムパンツを合わせることで、カジュアルだけど清潔感のある着こなしになっています。

白Tシャツは、清潔感や軽やかな印象を演出することができるので、見た目や好感度を高めたいメンズにはおすすめのコーデです。

 

ボーダーTシャツに白シャツを羽織った爽やかコーデ

げんじ|wjkのTシャツ/カットソーを使ったコーディネート - WEAR

ボーダー柄のTシャツに白のシャツを羽織った爽やかな印象のコーデ。

全体の色使いを白と黒にすることでどちらの色も際立って見え、爽やかな印象になっています。

VネックのTシャツを取り入れることでセクシーさもプラスされ、見た目のアクセントになっているところもポイントです。

 

メッセージプリントTシャツを使ったサーフ系コーデ

A.S.Mさんの「オーガンジーフレーム/メッセージプリントT(A.S.M)」を使ったコーディネート

メッセージプリントの入ったTシャツにデニムを合わせたサーフ系のコーデ。

白を基調にしたTシャツなので、見た目の印象もくどくなく爽やかな雰囲気に。

腰にチェックシャツを取り入れることで女性ウケもよくなり、素材と柄がエレガントな風格なのでキレイめな印象に仕上がっています。

チェックシャツはTシャツ1枚でなにかアクセントがほしい時などにコ-デが抜群に引き締まるアイテムとして使うのもありでしょう。

 

流行と王道を組み合わせたビックサイズTシャツコーデ

gakuさんの(Daniel Wellington)を使ったコーディネート

流行のビックサイズのTシャツとTシャツカラーの王道ともいえる白Tシャツを組み合わせたコーデ。

ビックサイズの白Tシャツと薄い色合いで細身のデニムを合わせることで、見た目のシルエットがおしゃれに見えます。

また、薄い色合いのデニムを取り入れることで爽やかさも出て好印象のコーデになっています。

 

メンズにおすすめTシャツブランド10選

Tシャツコーデをしたくても、メンズTシャツブランドがどんなものがあるかわからない人もいると思います。

ここではメンズにおすすめのTシャツブランド10選を紹介していきます。

 

nano universe(ナノユニバース)

ナノユニバースはシックで大人の色気が出るアイテムを多く取り揃えており、きれいめでカジュアルな人気ブランドです。

ナノユニバースのTシャツは、シンプルな雰囲気でこだわりのあるデザインが高級感を与えてくれます。

ナノユニバースの魅力はスタイリッシュなデザインが魅力でありクールな印象を与えてくれますし、流行も取り入れられているので流行りに遅れてしまうこともないのがいいですね。

また、Tシャツの素材にも気を使っており、高機能な素材を取り入れて着心地の良いものが多くバランスの取れたアイテムが多いのも好印象です。

 

DIESEL(ディーゼル)

ディーゼルと言ったら皆さんセレブカジュアルブランドとして有名なデニムをイメージすると思います。

しかし、Tシャツもオシャレなものが多くとても人気です。

ディーゼルの魅力ですが、どんな時でも着ていて素敵でおしゃれな雰囲気にしてくれることです。

また、他のブランドにはないディーゼル特有の遊び心が加えられているものも多く、デザインも洗練されているのでそれも魅力の一つになっています。

よく聞くブランド物にして価格も手頃な価格になっているのでそこも好印象です。

 

BEAMS(ビームス)

ビームスは日本人が愛用している確率が高いといえるくらい日本で人気のブランドです。

メンズは女性からの印象を重視することが多く、ハズすことなく女性から好印象を与えるアイテムとして人気です。

ビームスのTシャツを着れば、おしゃれで安心というイメージが定着しているほどです。

ビームスの人気のTシャツは、定番の白を基調としたワンポイントデザインのTシャツです。

シンプルな雰囲気ですが、ワンポイントのアクセントを加えているので、それがおしゃれな印象を与えてくれます。

女性からの印象を気にする人やデートの予定があるメンズは、ビームスのTシャツを候補に入れてみるのもありだと思います。

 

Abercrombie&Fitch(アバクロ)

アバクロの名称で日本でも人気のアメリカのカジュアルブランドです。

アバクロの魅力は、ヴィンテージ加工やシンプルなデザインが魅力的で、ロゴもシンプルなデザインが多くあるのでおしゃれに着こなすことができます。

繊細な雰囲気というよりは、シンプルで男らしさを出したい人にはおすすめのTシャツブランドになります。

また、アバクロのTシャツは価格もお手頃な価格ですので、手を出しやすくおしゃれなデザインなものが多いので、それも魅力の一つになっています。

 

HYSTERIC GLAMOUR(ヒステリックグラマー)

ヒステリックグラマーは、スタイリッシュなデザインのモダンでロックな印象を取り入れているブランドです。

このヒステリックグラマーのTシャツは、どちらかといえば細身のTシャツが好きな人におすすめになっており、ロック好きの人にはとても納得できるブランドになります。

また、日本人の体型にとても相性がよく、細身のスキニーパンツと合わせると魅力的な雰囲気がでておしゃれな着こなしをすることができます。

 

Hollister(ホリスター)

安くておしゃれなTシャツを求めるならホリスターのTシャツをおすすめします。

ホリスターはアバクロの弟分的な立ち位置であり、どちらかというとカジュアルなデザインが多くあります。

ホリスターのものはとても良心的な価格をしていますが、それでいて品質も高品質でおしゃれなものが多いのでおすすめです。

ハイブランドのおしゃれなTシャツを購入するのは金銭的にも厳しいと思う人でも、ホリスターなら手が出しやすく、デザインもおしゃれなものが多くあります。

 

ユナイテッドアローズ

ユナイテッドアローズはシンプルなデザインが多くあるものの、雰囲気はおしゃれな雰囲気を漂わせる人気のブランドになっています。

特徴はシンプルなデザインできれいめなアイテムが中心となっており、20代~50代の幅広い層から支持されているセレクトショップです。

清潔感があるシンプルなきれいめ系のデザインなので女性のウケもよく、ベーシックでお洒落な服装がしたい人にはもってこいのブランドです。

メインがシンプルなデザインなので流行に流されることなく、誰でも着こなしやすいというのもユナイテッドアローズの魅力です。

 

COMME des GARCONS(コムデギャルソン)

コムデギャルソンは日本が誇る世界的なハイブランドになっており、日本人だけではなく世界中の人たちに愛されるブランドです。

個性豊かなデザインのアイテムを多く展開しており、ユニークで遊び心のあるデザインはシンプルになりがちな夏のスタイルを彩ります。

他の人にはない着こなしをしたい人や他の人と差をつけたい人にはおすすめできるブランドです。

 

UNDERCOVER(アンダーカバー)

世界的に活躍している日本生まれの大人気ブランドのアンダーカバー。

アンダーカバーのアルファベットのUと_アンダーバーを組み合わせたブランドのロゴTシャツは、とても人気で入手困難になるほどの人気です。

アンダーカバーの特徴はデザイナーの高橋氏がパンクのセックスピストルズに強く影響を受けており、アンダーカバーのデザインの中にはパンクファッションということではないのですが、パンクファッション的なテイストが入っているものが多くあることです。

また、アンダーカバーは、ただ美しさを追求するということではなく、美しさと醜さが同居する独特なデザインを独特なカラープリントなどを用いて表現しており、独創的な世界観を作り出しているブランドです。

 

RALPH LAUREN (ラルフローレン)

ラルフローレンは誰もが聞いたことのあるブランドで、昔から多くの人に愛されてきたブランドになります。

シルエットも細すぎず太すぎないデザインのものが多くあり、それも万人に愛される秘密なのでしょう。

ラルフローレンは普段着としてのカジュアルシーンやゴルフウェアとしても人気が高く、主に男性を中心として人気があります。

また、レディースのポロシャツも可愛いらしい雰囲気のものがあり、おしゃれを楽しむ女性にも人気になっています。

ラルフローレンの象徴ともいえるのがポニーロゴ。

選ぶ際にはポニーロゴのサイズによって印象も変わってきたりもするので、自分の雰囲気や年齢に合った印象のものを選ぶことをおすすめします。

 

まとめ

Tシャツって一枚で着てもおしゃれな着こなしができますし、上に何か羽織ってもおしゃれになる万能なアイテムです。

しかし、選び方を間違えるとせっかくいいブランドのものでも見た目の印象が悪くなったり、ダサくなったりもします。

今回紹介したTシャツ選びのポイントを抑えることで、おしゃれな着こなしができるようになりますよ。

今日からおしゃれメンズのTシャツコーデを目指していきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です