男らしく爽やかに!メンズ白Tシャツコーデの5つの着こなしポイントとおすすめブランド5選!

白Tシャツはコーデの中でも着まわしがきくので、誰もが重宝する王道アイテムですよね。

しかし、白Tシャツは着まわししやすい分、みんながコーデに取り入れているので、周りとの被りやマンネリが気になるところ。

ここでは、周りとかぶりやすい白Tシャツコーデに差をつけて、カッコよくおしゃれに仕上げるための白Tシャツコーデのポイントとおすすめブランド5選を紹介していきます。

 

メンズ白Tシャツコーデ5つのポイント

寒い時期ならコートを着たり、ニットを着たりと、たくさんの組み合わせパターンがあり、おしゃれもしやすいですが、Tシャツコーデだとそうもいきません。

なので、Tシャツをどう着まわすのかというのが最大の悩みどころになります。

一見、マンネリしがちな白Tシャツコーデですが、ポイントを抑えてコーデすることで、周りとの差もでておしゃれに着こなすことができます。

ここでは、白Tシャツコーデのポイント5つを紹介するので、是非取り入れてみてください。

 

白T初心者はジャストサイズを

ファッションの中でどんなアイテムでもサイズ感はとても大切なことですが、Tシャツにおいては特にサイズ感が重要になってきます。

ジャケットなどのインナーとして使ったり、レイヤードスタイルで使うのならば、少々のサイズ違いは目立たないですが、Tシャツは一枚で着ることが多いアイテムなので、シルエットが目立ちますから、サイズはちゃんとしたものにするように意識しましょう。

 

また、同じサイズでもブランドやメーカーによっては差があるものが多くあるので、同じショップで大量買いはできるだけせず、多くても2、3枚購入にしましょう。

最近のトレンドとなっているオーバーサイズやすそ長めデザインのTシャツをチョイスする人がいますが、白Tシャツコーデ初心者の人はジャストサイズを選びましょう

オーバーサイズTシャツは、着こなしを間違えるとだらしなく見えてしまいますが、ジャストサイズなら男らしさやおしゃれ感が簡単に手に入るのでおすすめ。

 

Tシャツのネックのタイプで印象が変わる

Tシャツの印象を決める大切なポイントとなるのがネックタイプです。

Tシャツには大きく分けてクルーネック、Vネック、Uネックなどの形状があり、それぞれ見た目と印象が変わってきます。

 

クルーネックは、首の形に沿った最もポピュラーな形でカジュアルな印象を与えてくれます。

Vネックは首もとがV字に開いた形になっており、開き具合によって変わってきますが、キレイめでドレッシーな印象になります。

上記の2種類の印象の中間的位置付けなのがUネックで、クルーネックより首もとがが開いた形。

 

これらのネックラインの違いは着用時に自分がイメージした印象で選択するのがいいでしょう。

例えば、キレイめな印象を与えたい場合はVネックにしたり、カジュアル・ストリート感を出したいときにはクルーネックを。

このようにネックラインでコーデの印象もかわってきますので、考えながらコーデすることで幅広く着こなすことができ、周りとの差も生まれてマンネリ感もなくなるでしょう。

 

Tシャツの素材感や厚みで印象が変わる

白Tシャツコーデと言えば気になるのが生地の透け感ですよね。

これはプリントTシャツやカラーTシャツにはない白Tシャツ特有の悩みですし、白Tシャツで薄手の生地だと一歩間違えたら肌着に見えてしまう可能性があったりもします。

 

では、生地は厚ければ厚いほど良いのかというと一概にそうとも言い切れないことろがあり、生地の厚みはシルエットに影響を及ぼすポイントでもあるので、「厚ければ厚いほどいい」という考えはやめましょう。

厚手までいかなくても、洗濯をしてもヨレにくい程度の生地の白Tシャツを選ぶことや、生地に加工が施されているものを選ぶのもおすすめ。

生地そのものに加工がされている白Tシャツを選ぶことで、周りと差がつき、差別化ができるので、そういったところも意識して選ぶのもありだと思います。

 

アームホールにも注意する

おしゃれでカッコいいTシャツとそうじゃないTシャツの違いを大きく左右するのがアームホールです。

同じTシャツを着てもアームが細くフィットしている方が太くたくましい腕に見せてくれますし、視覚効果でシュッとしておしゃれに見せてくれます。

また、袖の長さでも見え方が変わってきて、袖が短いほど腕が長く見えたり、逆に袖が長いほど腕が短く見えるのでその点も覚えておきましょう。

このような少しのことに気をつけることでおしゃれ度もアップするので意識してコーデしましょう。

 

シンプルコーデを心がける

白Tシャツコーデは、ごちゃごちゃと余計なことをせずにジャストサイズのTシャツを黒パンツやジーンズに合わせるようなシンプルコーデにしたほうが、まとまりのあるコーデになりますのでおすすめ。

また、ヨレていたり、だるだるのTシャツはだらしなく見えたりするので気をつけるようにし、Tシャツは消耗品なので、へたってきたら買い替えるようにしましょう。

いつも清潔感のあるシンプルな白Tシャツコーデをすることで、おしゃれでいて清潔感のある着こなしができますので、そういった点も心がけていきましょう。

 

参考になるメンズ白Tシャツコーデ4選

白Tシャツコーデといってもなかなかおしゃれに仕上げるのは難しいという人いると思います。

そんな人にここでは参考になる白Tシャツコーデを紹介していくので、是非コーデの参考にしてみてください。

 

白Tシャツにホワイトデニムの爽やかコーデ

無地白Tシャツ×オフホワイトデニム×ベージュスニーカー

白Tシャツにホワイト系のデニムを合わせた爽やかなコーデです。

白と白にならないように、デニムをベージュ系のカラーにしてコーデに色味を出しています。

色合い的に爽やかですが、デニムをロールアップすることで、さらに清潔感と爽やかさが出るコーデに仕上がっています。

 

カジュアル感のある白Tシャツとスキニーパンツのコーデ

ユニクロのレイさんの「スーピマコットンクルーネックT(半袖)+E(UNIQLO)」を使ったコーディネート

カジュアル感のある白Tシャツとスキニーパンツのコーデ。

カジュアルの強いアイテムを多く使っているので、コーデ全体の色をモノトーンに統一してドレス感を出しています。

レイヤードスタイルやスポーツサンダルを取り入れているところもおしゃれ度アップですね。

 

デニムと白Tシャツの王道コーデ

りゅうせいさんの「Anti Soaked(R) C/R Crew T(nano・universe)」を使ったコーディネート

ブラック系のデニムと白Tシャツを組み合わせた王道コーデ。

白Tシャツのサイズ感がとてもいいので、コーデがまとまって見えて良い感じに仕上がっています。

 

白Tシャツとロールアップパンツのコーデ

ロールアップ メンズファッション必須テクニック!

カジュアルテイストになりやすい白Tシャツですが、パンツをロールアップさせることでキレイめ感を出しています。

靴もスニーカーではなく、革靴にしているので、大人の雰囲気に仕上がり、清潔感あふれるコーデになっています。

 

おすすめのメンズ白Tシャツブランド5選

白Tシャツはどこででも手に入れやすく、様々なブランドやショップから売り出されていますね。

しかし、予想よりも薄手な作りであったり、首回りがすぐへたってしまったりと、思うような白Tシャツがない場合も多いと思います。

ここではしっかりとした素材や作りのおすすめ白Tシャツブランド5選を紹介していくので、是非取り入れてください。

 

hanes (ヘインズ)

出典:http://www.hanes.jp/

ヘインズは、1901年にアメリカで誕生したブランドで、快適をコンセプトに掲げて数々の魅力あふれる製品を生み出してきました。

ヘインズの特徴は、往年のディテールはそのままにし、見た目の印象と着心地に気を使い、肩幅やアーム着丈等をほどよくコンパクトに仕上げた無駄を排除したシンプルなディテールなところ。

ヘインズのアイテムは、着心地、サイズ感、ディテール、合わせやすさなど、ストレスのかからないものが多く、どんな人でも困ったときはこれを着ておこうとなるくらい万能です。

数あるTシャツの中でもマストで持っておきたいアイテムです。

 

AURALEE(オーラリー)

出典:http://auralee.jp/

オーラリーは、素材に気を使い、素材作りからデザインを考え、高い技術を使った日本屈指の生産背景で作る素材にこだわるブランドです。

オーラリーの特徴は、素材にこだわっていることと、毎日着ることに視点を置き、上質な軽さを感じられるアイテムを提案しているところです。

オーラリーのこだわりぬいた素材は、原料から選定し、編立まで全てにこだわって作り込まれており、繊維の長い綿を使用することによって、柔らかく極上の肌触りを実現しています。

どんなスタイルにでも対応できるシンプルでベーシックなTシャツのオーラリーはおすすめです。

素材や肌触りに気を使う人、王道のTシャツを探している人にはおすすめのブランドです。

 

FilMelange(フィルメランジェ)

出典:http://filmelange.com/

フィルメランジェは、日本発祥のブランドで、品質と着心地の良さが人気の最高品質のアパレルブランドです。

フィルメランジェの特徴は、綿、糸、生地、縫製に至るまでのすべてを自社開発しているほどのこだわりを持っており、一度袖を通せば他のものとは比べ物にならないところ。

上質なオーガニックコットンで作られるアイテムは肌触りがとても良く、どんなシーズンでも大活躍してくれます。

上質な素材を使ったものや、肌触りにこだわっている人などにはとてもおすすめできるブランドになります。

 

THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)

出典:https://www.goldwin.co.jp/tnf/

ノースフェイスは登山ブランドとして有名な同ブランド。

しかし、登山用品だけには止まらず、タウンユースにもウケるオシャレなデザインのアイテムも豊富に取り揃えています。

ノースフェイスの特徴は、メインが登山ブランドなので通気性、保温性などの機能性抜群なところ。

性能重視のしっかりとした作りのものを探している人にはおすすめのブランドです。

 

Champion(チャンピオン)

出典:https://www.championusa.jp/

チャンピオンはスエットアイテムの代表格であり、スポーツブランドとしても有名な1919年から続いている歴史あるブランドです。

チャンピオンの特徴としては、米軍のスポーツ用ウェアを手掛けていたので、しっかりとした頑丈な作りとなっているところ。

スポーツブランドとしても有名なので、若者などのスポーツテイストを取り入れた格好にも使われています。

頑丈でしっかりとした作りのものや、スポーツテイストのファッションをしたい人におすすめのブランドになります。

 

まとめ

白Tシャツはシンプルな作りなゆえ、周りと被ってしまったり、コーデのアクセントが薄くなってしまいがちなアイテムです。

今回そんな白Tシャツを着こなすための5つのポイントを紹介してきましたので、しっかり取り入れていきましょう。

Tシャツだからといって気を抜かず、ポイントを抑えてしっかりとイケてる着こなしを楽しんでみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です