おしゃれに決まるメンズロンTコーデ!初心者におすすめのロンTブランドを紹介!

誰もが1枚は持っているであろうロンT。

ロンT1枚のみのロンTコーデや重ね着スタイルにも使うことがてきる万能なアイテムですよね。

肌寒い季節にはインナーとしても活躍してくれますし季節問わずオールシーズン使うこともできるので重宝される人も多いと思います。

しかし、便利なアイテムなだけに多くのブランドから様々なカラーや柄なども豊富に出されており、どんなロンTがいいか迷いますよね。

ここではおしゃれメンズの鉄板アイテムと言えるロンTのコーデのポイントや初心者におすすめのロンTブランドを紹介していきます。

 

メンズロンTコーデ4つのポイント

ロンTは一枚着るだけでコーデできてしまう便利なアイテムですが、ぱっと見で選んだり適当に選んだりしたらせっかくのロンTもだらしなく見えたりしてしまいます。

ロンTコーデをするときは、ポイントをおさえてコーデすることでオシャレ度が増します。

ここではロンTコーデで気をつけたいポイントを4つ紹介していきます。

 

ロンTはサイズ選びが重要

ロンTを着るだけのスタイルで使う人って結構いると思いますが、そこで大切になってくるのがロンTのサイズ感です。

自分がしたいスタイルにもよりますが、あまりにもピチッとしすぎたら窮屈な印象になってしまいますし、インナーとして着る時も小さすぎは要注意です。

なのでロンTを着るときは自分に合ったサイズを選ぶようにしましょう。

 

また、最近ではロンTをオーバーサイズで着るのがトレンドとなっており、通常よりも大きいサイズを選ぶ人も多くなっています。

オーバーサイズのロンTはラフに着ることができ、コーデにボリュームを持たせ、存在感のあるいつもとは違ったコーディネートを楽しむことができます。

 

オーバーサイズのロンTにボトムスを太めのスラックスで合わせたら全体的に抜けた感じのコーデができますし、オーバーサイズのロンTを細身のデニムに合わせたら、メリハリの効いたコーデに仕上がります。

どんなボトムスにも合わせやすく、オシャレに仕上がってくれるのでオーバーサイズのロンTはおすすめです。

 

ロンTの色に気をつける

ロンTで色はかなり重要な要素の一つになります。

ロンT1枚で着る場合はモノトーンカラーで足元と同じ色に揃えることで落ち着いた大人の印象を与えることができます。

ロンTをインナーとして使う場合は、ロンTの色をコーデの差し色にすることでインパクトのあるメリハリの効いたコーデにもなります。

 

ロンTは色の使い方次第で様々なコーディネートを楽しむことができるので、出来るだけいろんな色のロンTを持っておくほうがいいでしょう。

特に、ロンTの王道カラーであるホワイト系は誰もが持っている万能アイテム。

どんなコーデにも合わせやすく、ボトムスやシューズも選ばないので初心者の人には使いやすいと思います。

ホワイト系のロンTはシンプルさが特徴で、誰でも取り入れやすく、インナーとしても使い勝手がいいので1枚は持っておくことをおすすめします。

 

ロンTの柄

ロンTといえば無地のものや柄物、ボーダーなどが多くありますよね。

ロンTを選ぶ上でこの無地や柄、ボーダーという柄は大切な要素になります。

無地のロンTはコーディネートを選ばず着こなしやすいです。

 

また、柄物やボーダーは個性を出したいときや、インナーとして使う場合はコーデのアクセントとなりますので何種類か柄が違うものを持っておくとコーデの幅が広がるのでおすすめ。

柄物の中でも人気のボーダーのロンTはインナーとしてコーデにメリハリをつけてくれますし、キレイめなスタイルの人が使うことでカジュアルな印象も取り入れることができるので持っておくといいですね。

 

首元の作り

ロンTコーデで気をつけるポイントの最後は首元の形です。

ロンTの首元の作りは様々な種類ありますが、最近のトレンドとなっているのはロンTメインに着るならクルーネック、小顔効果のあるVネックも人気ですね。

 

しかし、Vネックはコーディネートの仕方によってはだらしなく見えたりもするので使い分けが重要になってきます。

ピチッとしたタイトすぎるVネックだと、ジャケットを脱いだ時に子供っぽく見えたり、いやらしい印象を与えてしまう可能性もあるので選ぶときは少し大きめのサイズを選ぶことをお勧めします。

 

また、メンズロンTの王道であるクルーネックのロンTはアウターを選ばないので使い勝手がとてもいいです。

シャツやジャケット、ブルゾンどれにも合い、ボトムスと色を揃えたり、アウターと色を揃えたりすることで統一感が出るので大人の印象を与えることもできます。

 

いくら使い勝手のよい万能のクルーネックでも首元がきつすぎるものは避けましょう。

首元がきついと窮屈そうに見られてしまいコーデのバランスが崩れてしまうので、ここは注意するところです。

 

参考になるメンズロンTコーデ5選

ロンTコーデの気をつけるところはわかったけどいまいちどんなコーデをしたらいいのか迷う人もいると思います。

なので、ここではおすすめのロンTコーデを紹介していきます。

 

ロンTとロンTのレイヤードスタイル

タカ🦅さんの「【予約商品】 WEB限定 Guess×FREAK'S STORE/ゲス 別注スーパービッグ ロゴ ロングスリーブTシャツ(FREAK'S STORE)」を使ったコーディネート

ロンTにロンTを重ね着させるレイヤードスタイル。

シンプルな色合いになってしまうところに黄色のロンTをレイヤードさせることで、コーデにインパクトをあたえています。

中に着るロンTはオーバーサイズにすることがポイント。

 

王道のシンプルなロンTスタイル

RUKAさんの「【Ray-Ban/レイバン】Wayfarer(Ray-Ban)」を使ったコーディネート

白ロンTとジーパンを組み合わせたシンプルな王道コーデ。

白のロンTだけではアクセントが足りないので胸ポケット付きのロンTにすることでアクセントになっています。

ジーンズもダメージジーンズにしているところもアクセントになっているのでいい感じです。

 

トレンドのビックサイズのロンTスタイル

むさし@MUSASHIさんの「ギルダン ビッグシルエット USAオーバーサイズ ロングスリーブTシャツ(GILDAN)」を使ったコーディネート

最近トレンドとなっているビックサイズのロンTを使ったコーデ。

オーバーサイズのロンTにボトムスを太めのスラックスで合わせており、全体的に抜けた感じのコーデに仕上がっています。

ロンTとボトムスの色合いもシンプルでいいですよね。

 

シンプルなボーダーのロンTコーデ

hideさんの(H&M DIVIDED)を使ったコーディネート

ボーダー柄を取り入れたシンプルなコーデ。

ロンT一枚を着こなすとき、いまいちアクセントが足りない時ってありますよね。

そんな時はこのようなボーダー柄がおしゃれにきまります。

黒の多いボーダー柄とブラックデニムを合わせているので、足元の白いスニーカーがアクセントになり、スタイリッシュな仕上がりになっています。

 

シンプルな着こなしのロンTコーデ

JEEさんの「"mercenary" MINI FLEECY LINING L/S POCKET TEE:ミニ裏毛ロンT(The DUFFER of ST.GEORGE)」を使ったコーディネート

これもシンプルな王道のロンTコーデ。

全体的に落ち着いた色合いコーデに仕上げることで、大人の雰囲気を出しています。

ボトムスにスキニーデニムを取り入れることで全体的にスリムなシルエットになりスタイリッシュな印象になります。

 

おすすめのメンズロンTブランド7選

ロンTってたくさんの種類があってどれがいいか悩む人もいると思います。

ここではおしゃれな作りの高品質なロンTブランドを紹介していきます。

 

HYDROGEN(ハイドロゲン)

ハイドロゲンは2003年にイタリアで誕生した高級スポーツウェアブランドです。

FIATのロゴが入ったジャージが一躍人気になり、一気に人気になりました。

また海外セレブ御用達のブランドでもあり、あのブラットピットが好んで着用していることでも知られています。

ハイドロゲンは斬新なデザインが多いのが特徴で、肌触りや着心地共に抜群にいいものが多いです。

キレイめな大人のスタイルが作りやすくデザインも斬新なものが多いので、そこも人気の秘訣なのでしょう。

 

AVIREX(アビレックス)

アビレックスはアメリカで人気のミリタリーブランドですが、日本でも認知度が高く有名なブランドです。

アビレックスは世界中の人々から愛されているブランドですが、その理由はデザインに無駄がなくてどこか懐かしい雰囲気のするアイテムが多いことです。

また、アビレックスはミリタリー要素を織り交ぜたデザインが多く、他にはないようなミリタリーデザインの物が多くあるという魅力もあります。

アビレックスのロンTはシンプルなデザインや無地の物が多く、どんなコーデにも合わせやすいロンTがたくさんあるのでおすすめです。

 

Abercrombie&Fitch(アバクロ)

現在も人気拡大中のAbercrombie&Fitch。

このアバクロはメンズ、レディース、さらには子供服なども手掛けるトータルファッションブランドで、デザイン性の良さた品質の高さから若い人達にとても人気なブランドです

アバクロはアメカジスタイルの物が多くありますが、中には人気の胸元のムースロゴ入りのポケットときれいなラインが合わさった大人の落ち着いた雰囲気のロンTなども出されています。

アメカジすぎるのが嫌なメンズも、大人の雰囲気を出しながらカジュアルな着こなしをすることが出来るものもあるのでおすすめです。

 

SUPREME(シュプリーム)

このシュプリームは1994年にスケートボート専用のウェアブランドとして設立されたブランドです。

若者たちの間でカリスマ的なブランドとして認められており、物によっては数万円のプレミア価格になる物まであります。

このシュプリームは赤地に白抜きのボックスロゴがどのアイテムにも付いているというのが特徴になります。

昔はTシャツだけにこのボックスロゴがついていたのですが、現在はどのファッションアイテムにもボックスロゴが使われるようになりました。

シュプリームのロンTは胸元のロゴマークのデザインでシンプルな作りになっているので、デニムやチノパンとの相性もよくカジュアルに着こなす事ができます。

 

roshell(ロシェル)

メンズファッション通販サイトJIGGYSSHOPで展開されている人気ブランドのロシェル。

ロシェルはクールでオシャレなメンズブランドで、大人の雰囲気を醸し出すことができると人気のブランドです。

ロシェルの特徴はクオリティーに力を入れて追及しているブランドということ。

そのため無地のロンTでもロシェルの手にかかれば、ハイクオリティーでオシャレなロンTに変ります。

また、ロシェルは発熱機能・保湿効果・通気性・ストレッチ素材を含めて、8つの機能を持ち合わせたロンTも出しており、寒さの厳しい冬でも暖かくオシャレなインナーとして使うことができるのでおすすめです。

 

NUMBER (N)INE(ナンバーナイン)

ナンバーナインはストリート系のファッションを主に取り扱うブランドですが、それだけでなくイギリスの紳士的ファッションアイテムも取り扱っているので若者だけではなく、幅広い年代の男性に人気のブランドになります。

ナンバーナインの特徴としては、おしゃれなデザインが多くあり、しっかりとした作りで着心地がとてもいい印象です。

ナンバーナインのアイテムは一度着ると手放せなくなると言われているほどの心地よさが特徴です。

ナンバーナインのロンTはオシャレなデザインが充実しており、手ごろな価格なのでそこも魅力の一つですね。

 

RALPH LAUREN(ラルフローレン)

ラルフローレンはアメカジの代名詞であるとされ、メンズに大変人気のブランドになります。

ラルフローレンの特徴は伝統のあるイギリスのスタイルに少しアメリカンテイストを加えた感じのスタイルが特徴。

胸元にワンポイントロゴなどシンプルなデザインのものが多く、どんなファッションにも合わせやすいデザインが多いです。

デニムやチノパンなどボトムスを選ぶことのないデザインなのでカジュアルに着こなすことができます。

 

まとめ

ロンTは1枚着るだけでもコーデが成り立ってしまう便利なアイテムです。

しかし、特徴などを知った上で購入したりコーデしたりしないといいブランドのロンTでもカッコ悪くなってしまうので気をつけましょう。

今回紹介したロンTを着こなす上でのポイントやおすすめのロンTブランドをしっかりとおさえて、明日から楽しいロンTコーデライフを送っていきましょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です