メンズ必見!初心者でも確実にわかる香水のつけ方講座!

香水は女性がつけるものと言われていた時代も変わり、今は香水をつける男性も増えてきましたね。

いい香りのするメンズってカッコいいし憧れるけど、いまいち香水のことわからないし、付け方や付ける場所もわからないという人多くいると思います。

ここでは香水についての説明や魅力的なメンズの香水の付け方、付ける位置などを紹介していきます。

 

香水の種類

香水は香料濃度によって大きくわけて「パルファン」「トワレ」「コロン」の3種類に分類されています。

この3つは一つ一つ香料の強弱や持続時間などが違ってくるので、その特徴を説明していきます。

 

PARFUM(パルファン)

香水の濃度が15〜30%あり、香水の中で一番濃度が高く、香りに深みがあります。

濃度が強いこともあり持続時間は平均6時間続き、長いものになると10時間以上持続するものまであります。

パルファンは全体的にグレードが高く、フォーマルな傾向が強いタイプ。

 

TOILETTE(トワレ)

香水の濃度が5〜10%と香水の中では中間に位置するトワレ。

濃度が中間くらいなので匂いもソフトな香り立ち。

持続時間が平均2~5時間続き、出勤前につけたら昼頃まで香りが続きます。

各香水ブランドが一番多く出しているので、日常使いしやすく種類も豊富。

香水初心者はトワレから始めるのがいいと思います。

 

COLONG(コロン)

香水の濃度が1〜5%と低濃度なのがコロン。

低濃度なので持続時間も少なく平均2時間程度。

香水を使い慣れていない人でも使いやすく、香りも軽めで夏に人気の爽やか系の香りが多いです。

メンズのみではなく各ブランドからユニセックスの商品も多く出されおり、濃度が低いため、価格がリーズナブルなとこも特徴です。

 

香水をつけている男性に対して女性の印象は?

やはりメンズが香水をつけるとなると気にしてしまうのが女性の印象。

男性の香水について女性はどのように思っているのか気になと思うので、男性の香水について女性がどのように思っているかあるアンケートがあったので紹介します。

 

香水をつける男性の印象は?

好印象と思っている女性が42.0%であり、一方で、あまり良くない印象というのが58.0%という結果になっています。

この結果を見て「結構いい印象だな」と思う人もいれば「あまり良くない印象が多いな」と思う人もいたと思います。

ではなぜ好印象なのか良くない印象なのか? その理由が気になると思うので紹介していきます。

 

好印象派の女性

  • 「香りがきつすぎず自然にほのかにに香る男性はおしゃれだなと思います」
  • 「男性が香水をつけることは身だしなみに気をつかっていていいと思う」
  • 「匂いに気を使っていてオシャレなかんじがするし、好印象」

 

こういう感じで男性でも香りに気を使っているのは好印象でおしゃれな雰囲気がするという意見が多いですね。

この中でも注目すべきは「きつすぎない自然な香り」ってとこです。

取り方を変えれば、香水はいい香りがしますが、付けすぎや匂いすぎは逆によくないってことになりますね。

香りも身だしなみの一つなのでそういうところを女性は見たり感じたりして、好印象を持っているというのが分かります。

 

良くない印象派の女性

  • 「そもそも香水の匂いがあまり好きでないのと、香水はつければいいと思ってつけすぎでくさい人が多いから」
  • 「いい香りでほどよくつけられる人がいない。基本的に付けすぎの人が多いから」
  • 「ほどよく香るのなら全然いいと思うけど、付けすぎな人が多く匂いがきつく感じるから」

 

これを見ても分かるように、男性が香水をつけるときに必要以上につけてしまう人が多いみたいですね。

香水は匂いを凝縮しているようなものなので、いくらいい香りでも付けすぎると匂いがきつく、中には臭いと感じる女性もいるみたいです。

自分が気にならなくても、周りのほうが匂いに敏感なので付けすぎには注意しましょうね。

つけれるだけつけたらいいと思っている人が多く、香水の付け方を知らずに使用している人が多い印象ですね。

 

香水の香り立ち(香りの変化)

香水の香りは3つに分かれているのご存知でしょうか?

香水は空気に触れたときと肌に付けたときでは匂いが変化して最初と違う香りになるんです。

なぜなら、香水は蒸発しやすいものと蒸発しにくいものを混ぜて作り出しており、時間の経過や温度の変化で香りが変わってくるのです。

その香水の香りの3つの特徴について説明していきます。

 

トップノート

このトップノートというのは一番最初に感じる香りのことをいいます。

香水をつけた瞬間から10分くらいまでの香りがその香水の第一印象になります。

さわやか系のな香りが多く、香りとしてはまだ判断できないときなので、この時の匂いで香水を購入しようと判断するのは危険です。

この状態だと香水の匂いとしてバランスが取れていない場合もあるので覚えておきましょう。

 

ミドルノート

ちょうどトップノートの香りがが落ち着いたころに出てくる香りがミドルノートです。

このミドルノートの香りは香水をつけて3~10時間といちばん長く香りがします。

この時は香水のアルコール分が蒸発して香りが安定するときでもあり、香水の個性が一番発揮されるときなので人と会うならミドルノートの時間に会うのがいいです。

出来るだけ人と会うタイミングを計算して香水を振るようにするといいですね。

このミドルノートの匂いが一番持続時間が長いので、選ぶならこの時の匂いで選ぶのがベストと言えます。

 

ラストノート

最後がラストノート。

これはミドルノートが消えるタイミングに残り香として匂いだします。

このラストノートはセクシーな香りや、あたたかみのある香りを漂わせることが多く、この香りが好きだから香水をつけるという人もいるくらいです。

 

香水の選び方

香水は正しい選び方をしていきましょう。

特に香水初心者の人は、トップノートだけで香水を選んでしまうケースが多く、周りの人はトップノートの香りより持続時間が長いミドルノートの香りを感じることが多くなるので、その点にも注目して選びましょう。

 

自分が好きな香りかどうか

まず、香水選びの基本はその香水が自分の好きな香りかどうかです。

なぜなら、自分の好みの香りでないと最初は購入したばかりでつけますが、好みの香りでないと段々とつけなくなっていくケースが多いからです。

しかし、いくら自分の好みの香りでも、上記で説明した通りトップノートの時とミドルノートの時では香りが変わってくるということには気をつけましょう。

トップノートの香りがいいからといって即決するのではなく、しっかりとトップ、ミドル、と香りを感じて香水を選んでください。

 

ちなみに、ラストノートの香りが甘かったり、きつかったりするとイヤになる場合があるので、時間に余裕があるならラストノートの香りも参考にすべきだと思います。

香水選びの基本は第一に、自分が好きな香りかどうかを基準にして、ミドルノートの香りをメインに考えて選ぶといいでしょう。

 

自分に合った香りかどうか

自分に合った香りを選ぶのは非常に難しいです。

自分がなりたい大人や、爽やかな人など、イメージで選んだり、自分のファッションに合いそうかどうかを考えて選ぶと選びやすいかと思います。

「爽やかな香り」「大人っぽい香り」「セクシーな香り」などあらかじめイメージして選ぶと自分が思った香りを見つけるきっかけになると思います。

 

また、自分が好きな香りだけで決めると自分に合っていない香りを選んでしまう可能性もあり、香りが浮き立ってしまうこともあります。

なのでとりあえず香水をつけてみて、周りの人達の反応を確認するのも一つの手です。

こうすることで周囲の反応の良し悪しで香水を選ぶこともでき、自他共に認める「自分らしい香り」を見つけることもできるのでチャレンジしてみてください。

 

香水の使い方や正しい付け方

香水は香りの濃度がありいくらでもつけたらいいというわけではありません。

付けすぎは逆に嫌われる可能性もあるので、適量でつけることをこころがけましょう。

 

香水の適量

男女問わずありがちな香水のつけすぎ。

ある男性が香水をつける女性に対する印象のアンケートの答えは、「香りが強すぎる」「香水つけすぎ」などの結果が多くありました。

 

いつも同じ香りを身につけていると、だんだん香り慣れてきて自分の香りに気付けなくなってしまうことがあります。

その結果、ついつい2プッシュ3プッシュと多くつけてしまうことがあります。

香りが弱いかな?と思っても周りの人には意外と香りは届いているので1プッシュ以上は付けないように注意しましょう。

 

また種類によっても付け方は変わってきて、パルファンは濃度が高いため「点」でつけるイメージ

1、2滴落としてつけるようにすれば十分香ります。

トワレは「線」でつけるイメージで、コロンの場合は「面」のイメージでつけましょう。

つけすぎは香りがくどくなってしまい、周りの人に嫌がれたりもするのでのでくれぐれも注意してください。

 

香水を使用するときのマナー

香水はいい香りがしておしゃれな雰囲気を出してくれるアイテムでもありますが、使い方を間違えると周りに迷惑をかけてしまうときもあるので気をつけましょう。

例えば、飲食店に食事に行ったとします。

注文した料理がきたときに、隣の席に香水の香りぷんぷんの人が座ったとしたら、せっかくの料理も香水の匂いがぷんぷんして美味しくいただけませんよね。

自分がいい香りだと思うことは大切なことですが、周りの人が心地よいと感じる程度の香りがベストなので、香水をつけるときは必ず適量で使用しマナーを守って香りを楽しみましょう。

 

香水をつける位置

香水をつける場所ってあまり知らない人という人いると思うので、ここでは香水はどこにつけるのがベストなのか説明していきます。

香水の香料は温度によって蒸発して香りを広げていきます。

温かい場所というのは、血管が肌表面を通っている場所で、耳の裏、ひざ裏、腕の内側、ヒジ、手首、ウエスト、足首がそれに当てはまる場所になります。

なので基本的にはこの7箇所のどれかにつけたらいいと思います。

 

他にも香水をつけるおすすめの場所があり、それは「お腹周り」になります。

えっ?服の下じゃ香水の香りしないじゃんって思いましたか??

香水というのはダイレクトに香りを感じるよりも立ち上がったときや上着を脱いだときなどに香りがするほうがナチュラルでいいです。

この付け方をすれば何かしら動いたときやアクションを起こしたときにふわっと香り立つので、香りすぎることもなく、スマートな香りが周りにとどきます。

なので、普段の付け方に飽きてしまったりしたら、この付け方もチャレンジしてみてくださいね。

 

まとめ

今回は香水の種類や使い方など説明していきましたがいかがでしたでしょうか。

男性は香水のつけすぎの人が多く、正しい香水の使い方を知らない人が多い印象でした。

しかし、この記事を読んだあなたはそんな失敗をすることはないです。

香水を正しい使い方で使用したら、今までの自分の雰囲気もガラッと変わってきて大人っぽさとおしゃれ度が増してきます。

自分の好きな香りを選んで気分のいい香水ライフを送っていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です