着こなしに存在感を!メンズおしゃれキャップコーデとおすすめブランド5選!

シーズンを問わずおしゃれに活用できるキャップ。

キャップは上手くキャップコーデすることで、シンプルなコーデでもアクセントが生まれ、おしゃれに見せてくれるアイテムですよね。

しかし、キャップをメンズコーデへの取り入れ方って難しく感じたりする人も多くいると思います。

そこで、今回はキャップを使ったオススメコーデはもちろん、キャップコーデのポイントやメンズキャップのおすすめブランドまでご紹介していきます。

 

メンズキャップコーデをする上で気をつけるべき4つのポイント

おしゃれなキャップコーデを見ると、かっこよく見えますし憧れますよね。

しかし、実際にキャップコーデに挑戦してみると子供っぽくなってしまったり、ダサくなってしまったりしてしまうこともありますよね。

そんなメンズのためにキャップコーデのポイント4つ紹介しますので、キャップの着こなしのポイントをおさえてワンランク上のキャップコーデをマスターしていきましょう。

 

キャップの被り方次第で印象は変わる

キャップは存在感を出したいときに使ったりできるアイテムで、被り方ひとつで印象が変わります。

基本的にキャップのかぶり方は浅くかぶるのと深くかぶるの2種類の被り方があり、それぞれで印象が変わってくるので自分のイメージや雰囲気に合うように被っていきましょう。

 

キャップを浅めに被ると、トレンド感が出ておしゃれな印象になるので、トレンドを出しつつ、おしゃれ感も出したい人は浅めに被るのがおすすめです。

キャップを浅めに被るときに注意するポイントは、キャップをコンパクトめにし、無造作なヘアスタイルをちょい見せするのがトレンド感を出しつつ、大人のこなれ感が出るので覚えておきましょう。

 

また、キャップを深く被ると、大人のカジュアルさときっちりした雰囲気がでますし、キャップのシルエット次第では武骨な男前感を出すことができます

キャップを深く被るときのポイントとしては、髪の毛のサイドをすっきりすることでシャープな雰囲気がでて印象もよくなるので覚えておきましょう。

 

キャップの形に気を使う

メンズおしゃれキャップコーデにはやはり清潔感が必要となってきます。

女性の好感度を上げたいと思う人も多くいると思いますが、女性ウケを意識するならやはり、清潔感は必須といえるでしょう。

 

そのためには、キャップのサイズ感は頭の形が綺麗に出るものを意識するようにし、キャップの後ろにゴムが入ってるものや、頭を入れる部分に丸みがあるものを選ぶことで頭の形が綺麗に出て、ゴツい印象をなくすことができるので参考にしてみて下さい。

キャップのつばはキャップの印象を大きく左右する部分であり、大人のキャップはあまり長すぎないものがおすすめです。

 

つばの長さは短めか中くらいの長さのものを選択することで、きちんと感が出ておしゃれコーデに仕上げることができます。

もしつばのバランス感がわからない人は、そのショップの店員さんにバランスを見てもらって、アドバイスを聞くのもおすすめです。

また、キャップコーデの初心者はシンプルな形のものを選ぶようにし、ロゴが大きすぎたり被る部分が深いものだとゴツい印象を与えてしまい、インパクトが強くなりすぎるので、インパクトの少ない主張しすぎじゃないキャップを選ぶことをおすすめします。

 

キャップの色合いに気をつける

キャップの色合いは見た目の印象も大きく変えてくるのでとても重要です。

アースカラーをうまく使うことにより、おしゃれな大人のカジュアルスタイルにすることができます。

また、色あせた色味のキャップにするとビンテージ感が出てかっこよさも出せますし、ホワイトカラーをうまく差し色に入れることで、清潔感もあるバランスのいいコーデに仕上げることができます

色合いの組み合わせに迷う人もいると思いますので、もし迷うようなことがあれば、黒と白の組み合わせが無難でおすすめ。

黒で統一しておきつつ、白を差し色に使うことで程よい抜け感が出て、さらに白の爽やかさがでるのでおすすめです。

 

キャップの素材感を意識しよう

キャップといっても様々なものがあり、素材もいろんな素材を使っているものがあります。

例えるなら、コットン、メッシュ、レザーなどがあり、素材のもっている良さを活かすこともキャップコーデのポイントになります。

 

それぞれの大まかな特徴を説明しますと、コットンベースのキャップは基本的に手に入りやすく、お値段も手ごろなのが特徴で、季節感を問わないので、使い勝手もよく、一つ持っておくと便利なアイテムになります。

デニム素材のキャップに関しては日本人に馴染みやすい色のものが多く、ジーンズに合わせやすく、春や夏におすすめの素材になっています。

メッシュキャップは、その名の通りメッシュ素材なので、通気性抜群の素材で、スポーティーな雰囲気が出るのが特徴です。

レザーキャップは、シックな印象を与えることができ、大人の雰囲気がでます。

 

季節的に秋や冬が定番の素材で、そういった季節感を意識することでコーデもしやすくなります。

 

参考になるメンズキャップコーデ4選

メンズキャップコーデといっても初心者の人はなかなかイメージがつかないと思うので、ここではおしゃれなメンズキャップコーデ4選を紹介していきます。

 

メッシュキャップを差し色にしたサーフ系コーデ

Katsuさんの(VANS)を使ったコーディネート

こちらはメッシュキャップを使ったサーフ系コーデになります。

トップスとボトムスにモノトーンカラーを選択していますので、それだけでは少しアクセントがない感じなので、そこに差し色としてホワイト系のメッシュキャップを取り入れることにより、アクセントになっておしゃれに仕上がっています。

 

キャップで着こなしに存在感を与えたコーデ

SENSE OF PLACE by URBAN RESEARCHのビックTを使用したコーデです �

こちらは今流行のビックサイズのTシャツを使ったTシャツとキャップのコーデ。

ビックサイズのTシャツに王道のスキニーパンツを組み合わせたコーデで、それだけでは存在感が少ないのでキャップを取り入れることで存在感も抜群にあがっています。

すべてをモノトーンカラーで統一しているので、外すことのない色使いにしているところもポイントとなっていますね。

 

キレイめにカジュアルを取り入れたキャップコーデ

シャツ メンズ 着こなしのキャップ「ROTAR Ro Cotton CAP」を使ったコーディネート

キレイめになりがちなコーデにキャップを取り入れることで、カジュアルさも取り入れたキレカジコーデ。

ニットの中に白のシャツを取り入れることで、キレイめな印象になっていますが、少しかたっ苦しくなるので崩しとしてカジュアル間の出るキャップを取り入れています。

色使いも統一されているので、まとまった雰囲気になっているところもポイントとなっていますね。

 

ボトムスとキャップのカラーを合わせたコーデ

Tasuku-Gsさんの「D-Staq 3D Super Slim(G-STAR RAW)」を使ったコーディネート

ダメージスキニーとニットを組み合わせたコーデ。

一見ダメージパンツとニットはギャップがありすぎると思うかもしれませんが、そこにボトムスと同じ色のキャップを取り入れることで、統一感が出て嫌味のないギャップ感になっています。

キャップをあまり深く被りすぎていないところもポイントの一つですね。

 

おすすめのメンズキャップブランド5選

 

YOSHINORI KOTAKE(ヨシノリコタケ)

ヨシノリコタケは2005年に日本のデザイナーである小竹義則が設立したブランドで、若者にとても人気なのと、芸能人の愛用者も多くいることで知られるブランドです。

ヨシノリコタケの特徴は、スパンコールやビーズを取り入れているものが多く、ダメージ加工も手作業によって施されています。

とてもセンスのあるキャップを多く取り揃えているので、デートやスポーツなどあらゆるシーンでもおしゃれに演出することができます。

また、ヨシノリコタケは他のブランドとコラボしたアイテムが多く、ヨシノリコタケのデザインを残しつつコラボ相手の長所を引き立てています。

コラボした中でも「バーニーズニューヨークモデル」はデザインはシンプルですが、おしゃれで上品さを感じさせるキャップと言われ人気です。

 

RALPH LAUREN(ラルフローレン)

ラルフローレンは、アメリカで1967年に創立されたビックポニーのブランドロゴがポイントの世界中で愛用されている人気が高いブランドです。

ラルフローレンのブランドロゴは、シンプルなポニーのロゴでデザインされており、シンプルかつおしゃれととても評判が高いです。

ラルフローレンはブランドロゴがシンプルなポニーのロゴなので、くどさがなくどんな世代の人でも合わせやすいデザインなので、幅広い世代から支持されています。

また、ラルフローレンのは上質で肌触りがいい素材を使用しているものが多く、通気性など機能面でも優れているので魅力的です。

 

CHAMPION(チャンピオン)

チャンピオンは、アメリカで1919年に創立された世界的に有名で、多くの人から愛されているスポーツ衣料メーカーです。

着心地や機能性に富んだストリートファッションを展開しており、特徴的なブランドロゴマークが施されています。

チャンピオンの特徴は、シンプルなデザインのアイテムが多く出ており、男女兼用で使えるところ。

ブランドロゴのCやCHAMPIONマークのカラーバリエーションも多く揃えてられており、素材やカラーを変えたペアグッズがあるのも魅力的です。

チャンピオンのキャップの中でもフリーサイズの「スポーツキャップ」は、シンプルなロゴが施された単色カラーのキャップで、スポーツ、カジュアル系、ストリート系ファッションなど使い勝手が良く、どんな服装でも合わせやすいアイテムとして人気のキャップになっています。

その他では、クラシカルデザインのキャップなどもあり、どんな世代の男性にも合わせやすく、ライフスタイルやファッションに自由にコーディネートできるのでおすすめです。

 

Supreme(シュプリーム)

シュプリームは、1984年にアメリカで創立されたスケーターのために作られたブランドです。

若い人からストリート系ファッションの王道としても人気のブランドになっています。

シュプリームの特徴は、ラフすぎず綺麗過ぎないデザインで多くの若者から支持を受けており、多彩なカラーバリエーションを展開していているので、同じ素材やカラーでも全く違う印象を与えるファッションアイテムが揃っています。

また、カジュアルなスポーツキャップはペアグッズとしてもカップルに人気です。

ストリート系ブランドになりますが、どこか都会的でスタイリッシュなデザインは男女問わず人気が高いブランドです。

 

New Era(ニューエラ)

ニューエラは1920年にアメリカで創業し、メジャーリーグで使用されているブランドです。

本場アメリカのメジャースポーツで使用されていたり、世界中の野球チームとも業務提携されているほど。

ニューエラのキャップの特徴は、アメリカのメジャープロスポーツで採用されるほど有名アメリカ国内では老若男女問わず愛されているカジュアルファッションアイテムであり、通気性やフィット感もよく、機能性の高さも魅力の一つです。

 

まとめ

キャップというアイテムはコーデにアクセントを与えることができ、地味なコーデでもインパクトのあるコーデにすることができます。

しかし、ポイントを押さえないと子供っぽい雰囲気にもなってしまうので、今回紹介した4つのポイントを押さえておきましょう。

このポイントを押さえることで、あなたもおしゃれなメンズキャップコーデができるようになりますよ。

今日からおしゃれなキャップコーデライフを楽しんでいきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です